三国志小説で生きてく日誌

歴史コンテンツのライティングで生きていく

小説を読んでもらうには、小説だけを書いてもダメだと思う話

f:id:kubo_sangokushi:20190203220517j:plain

 

どもども、三国志小説屋の久保です。

 

最近、小説に対する創作意欲がゴリゴリなのですが、

ただただ書くだけじゃダメなんだよねって、

何となく思い始めたのが最近の出来事。

 

だって、三国志小説なんて、普通は誰も読みませんもん(笑)

圧倒的にパイが少ないんですよね、間口が狭いともいうのかな?

 

そもそも三国志を知ってる人でないと、読もうとは思わない。

日本人に人気とはいえ、日本史より人気な訳ではない。

だって、織田信長より曹操の方が、日本で知名度が高いってあり得ないですもんね。

もしそうだったら日本が終わる。

 

その点、ファンタジー系や恋愛系の作品が読まれる理由は、

まぁ分かりやすく、誰でも読めるってことで、パイが圧倒的に大きい。

 

だからといって「三国志やーめた!」みたいなことをするのは、違う話でしょう。

少なくとも、僕に限ってはそうです。

だって、たぶん一番自分に合ってるジャンルですもの。 

 

一応、日本史にも手を出していくつもりではあります。 

 

 

でも、本の中で売れるジャンルって「歴史」なのも事実。

結構これは圧倒的で、チャンスはあるのです。

書籍化されればの話ですが。

 

では何故、純粋な歴史小説は、

webで弱いジャンルなのでしょうか?

 

これは単純に、

歴史小説を読むのが高齢者だからです。

高齢者はネットなんて使いません。

これは完全に盲点。

 

 

さて、だからこそ、

パイが小さい世界で物語を書く身として、

どう届けていくかが非常に大切だと思ってます。 

面白いだけで読まれるわけでは無いので。

 

最終的に、書籍化出来ないと、僕の場合は生きてくのもままならぬ訳ですね。 

 でも、書籍化しても、食べていけるような時代は終わっています。

 

どうやったって、工夫を凝らして、打てる手を打たなければならないわけで。

 

そんなわけで今回は、現状、久保がどんな工夫をしているのか?

という点について紐解いていきませう。

 

 

① 小説の公開

 

これは当たり前の話ですね。

小説書いて公開しなきゃ、まず読まれません。

 

今、投稿を行っているサイトは

 

・マグネット!

カクヨム

小説家になろう

アルファポリス

 

ですね。

 

マグネットは、短いスパンでコンテストが開催されるし、

使い心地も良いからメインに据えています。

 

ただ、この中では圧倒的に読者数と言うのか、

ひと月辺りのサイト総合PVが少ないです。

聞いたところによると、ひと月に総合30万位だったかな?

ちなみになろうは14億です。

 

新卒社員とメジャーリーガーみたいな差がありんす。

恐ろしや、なろう。

 

カクヨムは、なろうではウケにくい

チートハーレム以外の作品も読まれるサイトです。

 

アルファポリスは、色々と面白い試みをしているので、

興味本意で投稿してますね。

 

また今度、セルバンテスというサイトもオープンとのことで、

こちらにも手を出そうと考えてます。

 

とにかく読まれるには、公開の場を多くするのが鉄則。

釣竿は一本より複数本、海に投じておいた方が良い理論。

 

 

② 新人賞応募

 

こちらはまだ本格的には動けていませんが、

腰を据えていこうと思っている所です。

 

Webでウケにくい作品を書く以上、

直接攻撃をやってやる必要があるというわけです。

 

とはいえ、Web投稿を辞めることはないです。

 

唐突ではありますが、

技が上達しやすい大道芸人の特徴をご存知ですか?

パントマイムやマジシャンをやってる方々のことですね。

 

上手い大道芸人とは、

良い師匠に恵まれた人でなく、

高い講座に行っている人でもなく、

頭が良い人でもありません。

 

一番、路上に出た人間こそが、

上達が早いのです。

 

つまり人に見せることが、

自分のレベルアップに繋がるというわけです。

直接反応が帰ってきますからね。

 

これを小説に落とし込むと、

ネットで公開し続けることは大切です。

新人賞ではこの成長が得難い。

 

理想はこれの両立ですね。

 

取り敢えず、

まずはどこに出すかを決め、

それに向けてプロットを組んでいきます。

 

 

③ 動画投稿

 

今や動画投稿サイトは、

Youtubeを初めとして隆盛を極めています。

恐らくまだまだ伸びる業界でしょうね。

 

だとすれば、手を出さない理由がない。

 

自分の小説までの導線を引く意味で、

これほど有望なものは無いかなと。

 

今、自分が行ってるのは、

三国志の歴史解説動画です。

www.youtube.com

 

これで三国志好きのユーザーに、

自分を知ってもらおうという意図があります。

 

参考にしているのは、

 

・ 最強のメラ さん

・ 歴史ゆっくり紀行 さん

 

ですね。いつも見ています。

 

他にも三国志解説だけでなく、

三国志信長の野望といったゲーム実況もやっていきたいし、

せっかく滋賀に住んでいるんだから、

歴史跡の一人旅動画なんかを出してもよろし。

 

ただ、これから仕事を辞める身として、

早急に収益が見込めないものに注力するのも、

まぁ、如何なものかと思ってはいます。

 

収益の為を考えて、

ライター活動に腰を据えれば、

時間的に動画は一旦休むしかない。

 

はてさて、つくづくやりたいことが出来ない世の中でありんす。

 

 

④ オンラインサロン

 

最近、エンタメノベルラボというオンラインサロンに入りました。

 

なんとメンバーの六割方がプロの作家さんという。。。

 

どういう活動内容なのかは、

こちらのページから確認してね☆

別に面倒とかそんなことではさもありなん。

lounge.dmm.com

 

プロの方のお話やご意見を聞ける、

交流できる場も設けて頂けるとは、

中々にこれが魅力的で多大なメリット。

 

デメリットとすれば、まぁ、

自分は完全無音の孤独な空間でしか集中出来ないので、

交流しながら小説を書く事が出来ない点ですね。

 

だからみんなすごいなーと思ってるんですよ、

よく毎日通話しながら小説を書けるなぁと。

 

こういった、よくサロンに顔を出す人が、

必然的に活動的に見えて、

僕みたいなタイプはあまり顔を出せないので、

ちょっとこのあたりは自分には合わない点なのかなと、

少し思ったりもしますね。

 

あと、イベントが東京中心ってのが羨ましい!

 

とはいえ、学ぶことは本当に多いですね。

歴史小説を書いている方はごく少数なので、

お友だちが欲しいです☆

 

あれ、誰も挙手しないな、おかしいな、そろそろ泣いちゃおうかな!

 

 

 

とりあえずこんな感じですね。

 

試行錯誤の日々です、

楽しくはありますが、もう少し楽に生きられる日を願って。

 

ではでは。

 

フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。

新品価格
¥1,296から
(2019/2/8 20:34時点)